水野薫子のジュエリーが
イタリアビテルボ県の聖アンセルモ祭のパレードに使用されました。

 

聖アンセルモは15世紀の聖人。

聖アンセルモ祭は、イタリアのビテルボ県の教会で年に
一度の行事として、4月22 日〜 27日の間に催されますが、
今年は10年に1度の特別祭として大規模に開催されました。

会期中は、聖アンセルモを祝う教会での式典、
司教や鼓隊の行列、花火、伝統的衣 装 によるパレード、
競馬競技などが連日行われ、数万人の見物客が訪れる
県最大の ビッグ イベントになっています。

最大の見ものであるパレードは、教会前の広場から
伝統的競馬競技パリオの競技場 までの間を、
各町ごとの旗を持った伝統的衣装に身を包んだ人々が、
数百メートルも 連なって歩くパレード。

今年は、最後列に市が所蔵するレジェンダ
(水野薫子2005年製 作) と白い牛に曳かれた
聖アンセルモの旗、その後を市長県知事らが
数キロにわたって行進しました。
中部イタリアを代表する特徴的な行事となっています。

左から;ビテルボ県知事アンドレア マッツオッり、水野薫子、レジェンダをもった夫人、ステファノボノッリ ボマルツオ市長

パレード前の市長室にレジェンダが飾られはライ3〔ローマテレビ放送)も訪れ取材を受けました。

チアガール、バンド、太鼓、旗、馬、各町ごとの

ルネッサンス衣装を着た人の行列、最後にレジェンダを持った

女性、牛が引くアンセルモ旗、市長、知事と町の人、

司教様など行列が1キロも続きました。

※JAPANプレシャス記事

BACKNUMBER 24 23 22 21 20 19 18 17 16 15 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1